鈴木純一医師への犯行動機は逆恨み?渡辺宏の素顔や性格などを調査!

鈴木純一医師への犯行動機は逆恨み?渡辺宏の素顔や性格などを調査! 事件
スポンサーリンク

先日埼玉県ふじみ野市で起きた人質立てこもり事件、人質の内の1人方が亡くなり他の方も怪我をするという大きな事件が発生してしまいました。

亡くなってしまったのは富士見市でクリニックを開いている鈴木純一医師で、地元住民からの信頼も厚く関係がある方は大きな存在を失ってしまったと悲しみの声があがっています。

今回の事件を調査していくと、この事件の犯人である渡辺宏容疑者の犯行動機やその素顔、性格が少しづつ判明してきたのでこちらの調査情報を記述していきます。

この記事で分かること

・ 事件の犯行動機について

・ 容疑者の素顔や性格など

鈴木純一医師への犯行動機は逆恨み?

埼玉県ふじみ野市で起きた人質立てこもり事件、人質として掴まっていた鈴木純一医師が亡くなっていたことが明らかになりました。

その後逮捕された犯人の渡辺宏容疑者との間にどのような接点があったのでしょうか。

調査をしたところ、渡辺宏容疑者の母親が事件の前日に亡くなっておりそのときに担当していた医師が鈴木純一医師とのことでした。

事件を起こした理由について、母親の診療などを巡り、鈴木さんらの対応に不満があったと説明。「謝らせたかった」などと話していたという。 出典:ヤフー

渡辺宏容疑者の素顔はどんな?マザコンで有名だった?

渡辺宏容疑者の素顔について詳細は明らかになっていないものの、今回起きてしまった事件の背景などを調査していると母親に対しての愛情がとびきり大きいのではないかと推察することができます。

実際に渡辺宏容疑者のことを知る医療関係者からは、要注意人物であったことの証言が明らかになっています。

「お母さんのことになると感情の歯止めがきかず、度々医師やスタッフにくってかかる人でした」
診察の待合で「うちの母親を(先に待つ他の患者より)先に診ろ」などと求め、職員が断ると大声で怒鳴り散らすことが度々あった。 出典:livedoor

母親のことになると感情のコントロールができずその勢いのまま母親が亡くなった次の日に担当していた鈴木医師を呼び出して今回の事件となってしまったそうです。

独身という情報も明らかになっており、世間からも渡辺宏容疑者はマザコンだったのでは?という疑問が多くなっているように見受けられます。

渡辺宏容疑者は狂暴でキレやすい性格だった

渡辺宏容疑者の昔の仕事仲間である猟師関係者は、渡辺宏容疑者のことを狂暴かつキレやすい性格だったと明らかにされていました。

・ 当時猟師をしていたとき、獲物を逃すとすぐに腹を立て猟銃を空に向かって乱射していた
・ キレやすい性格だった為、猟師関係の仲間からは嫌われていた

先ほど記述した内容で、母親のことになると感情のコントロールが上手くできないという点と合わせても、自分思い通りにならないと怒りまくる自己中心的な考えをもっているのではと考えることができます。

鈴木純一医師と渡辺宏容疑者の間で意見の食い違いがあった

渡辺宏容疑者の母親の容態があまり良くない時に、鈴木純一医師は在宅療養よりも入院をさせたほうが良いと説得していたそうですが、渡辺宏容疑者は入院に反対。その意見に食い違いからこじれにこじれて、事件が発生してしまったそうです。

・ 犯行動機は母親関係での逆恨みが濃厚
・ 母親に関わることだと渡辺宏容疑者は感情がむき出しになる
・ 渡辺宏容疑者は狂暴でキレやすい性格

現時点で渡辺宏容疑者は色々と黙秘を続けているようです。新たに進展などありましたら追記をしていきます。

事件
スポンサーリンク
まいにちトピック