西郷輝彦のがん治療費は480万円!非承認のオーストラリア療法がやばい

西郷輝彦のがん治療費は480万円!非承認のオーストラリア療法がやばい テレビ
スポンサーリンク

歌手で俳優の西郷輝彦さんが前立腺がんを患っていましたが、2月20日に都内の病院で亡くなったことが分かりファンからは悲しみの声が相次いでいます。

西郷輝彦さんは2011年にがんを患っていることを発表しており、その6年後に再発していたことが明らかになっています。

がん治療受けるためにオーストラリアに赴き最先端医療を受けていたり、自身のYouTubeチャンネルでもがんと闘う人々へメッセージを送るなどされていました。

今回は西郷輝彦さんが治療を受けた最先端医療の費用や、日本で非承認となっているオーストラリアの療養内容について調べていきたいと思います。

歌手で俳優の西郷輝彦さん(75歳)訃報

紅白歌合戦や大河ドラマなどに出演経験のある、歌手で俳優の西郷輝彦さんが2月20日に都内の病院で亡くなっていたことが明らかになりました。

歌手で俳優の西郷輝彦さん(75歳)訃報

西郷輝彦さんは1947年生まれ、75歳という若さでの訃報となりました。

昭和歌謡を代表する歌手として有名で、舟木一夫さん、橋幸夫さんらとで御三家とも呼ばれていました。

歌手で俳優の西郷輝彦さん(75歳)訃報出典:中スポ

代表曲「星野フラメンコ」などで一躍人気となり、昭和歌謡を牽引するアイドルだったそうです。

御三家の中でも西郷輝彦さんはその甘いマスクで特に人気だったと言われています。

西郷輝彦さんのがん治療費は480万円!

西郷輝彦さんのがん治療費は480万円!

西郷輝彦さんは患っていた前立腺がんの治療を、日本ではなくオーストラリアで療法されていました。

そこで受けていた治療法がPSMA治療というもので、費用は160万 / 回で推奨されている回数が3回とのことですので約480万円ほど掛かっていることが分かりました。

PSMA治療は、1回約160万円、推奨している3回の治療で現地滞在費などを含めると600万円以上かかるケースもあります。これまで海外渡航された方々にとっては高額な負担となりました。 出典:DIAMOND

最先端医療ということもありかなり高額ではありますが、副作用なども起きにくく高齢の患者さんにとっても安心して治療ができる医療とのことです。

PSMA治療はオーストラリアやアメリカでは承認済み

西郷輝彦さんが治療をされていたPSMA治療は、日本では非承認となっていますが西郷輝彦さんが治療を受けたオーストラリアやアメリカではすでにこのPSMA治療は承認されているとのことです。

日本が非承認の理由は、放射性物質の取り扱いで法的制限がある為、非承認となっているそうです。

ドイツやオーストラリアでスタートし、米国でも承認されていますが、日本では放射性物質の取り扱いに関する法的制限があり、現在まで承認されていません。 出典:DIAMOND

先述でも書きましたが最先端医療となっており費用もかなり高額となっていますが、日本人の治療を終えた方もいらっしゃるようです。

負担が少なく副作用もあまり出ないという点で選ばれることもあるのかもしれません。

SNSではどてらい男の放送を希望する声も出ている

SNSではどてらい男の放送を希望する声も出ている

西郷輝彦さんの訃報を知った方からは、過去に出演していた放送を見ていたファンなどから「もう一度放送してほしい!」などの意見が多く出ていました。

西郷輝彦といえばどてらい男やなと母が言う。懐かしい。小学生の時関テレの昼ドラ枠でめっちゃみてた。

昭和歌謡の御三家でアイドルのような見た目だった西郷輝彦さんがどれだけ人気だったか分かります。

今の若い方々も西郷輝彦さんが出演した作品や歌などを聞く機会も増えれば、ご本人も喜んでくれるのではないでしょうか。

テレビ
スポンサーリンク
まいにちトピック