堀江謙一の家族構成は?嫁が航海士で子供はヨットを設計した技術者

堀江謙一の家族構成は?嫁が航海士で子供はヨットを設計した技術者 芸能
スポンサーリンク

海洋冒険家の堀江謙一さんが太平洋横断に成功し、無事に日本に到着したという知らせで世間から注目が集まっています。

83歳でありながら長い旅路を終えた堀江謙一さんですが、ご家族の支えがあってこその航海だと言われています。

今回は堀江謙一さんの家族構成や、奥さんや子供などについて調べていきたいと思います。

堀江謙一さんの家族構成は?

2022年3月26日にサンフランシスコを出発して、70日後の6月4日に紀伊半島沖に到着する航海をした堀江謙一さん。

SNSやネットからは「家族もしくは家族がいるのか気になる」といった声が多く出ていました。

堀江謙一さんの家族構成について調べてみると、奥さんがいらっしゃることが分かりました。

航海の最中、短い時間でも毎日衛星電話を使って奥さんと連絡を取り合っている

奥さんもかなり心配になるでしょうし、安否確認も含めて必ず連絡をしているそうです。

堀江謙一さんの嫁は航海士?

堀江謙一さんの奥さんですが、一部SNSやネットから「元航海士として働いていたのではないか」といった情報が流れていました。

しかし現時点で真相は分かっておらず、航海士というのはただの噂という可能性が高いと思われます。

海洋冒険家の嫁ということから、航海士というワードが広まったのかもしれませんね。

堀江謙一さんの子供がヨットを設計した?

堀江謙一さんの子供について調べてみると、息子さんがヨットを設計していたという情報があり話題になっていました。

父のおかげで、ヨット設計という道を歩むことができたことに感謝したい。全力でサポートしながら挑戦を見届けたい 出典:読売新聞

しかしヨット設計を手掛けた方は堀江謙一さんの子供という訳ではなく、親子2代で堀江謙一さんのヨットを設計してきた方と分かりました。

堀江謙一さんの航海テーマに合わせて都度ヨットの設計をしているそうで、ウイスキー樽を利用したリサイクルヨットや波浪推進船なども設計してきたそう。

堀江謙一さんも絶対的な信頼を置いているそうで、今回の航海も安心して冒険することができたのではないでしょうか。

堀江謙一さんは密出国をした前科がある噂も

堀江謙一さんは現在83歳と高齢でもありながら、8度の太平洋横断に成功している偉業も達成されています。

しかし過去には、密出国をしたと報道されており犯罪者として扱われていた時期もあったそうでんです。

1962年に日本からサンフランシスコまで航海を始めた堀江謙一さんですが、当時日本からの出国は「密出国つまり犯罪者」として報じられていたそうなんです。

しかし、サンフランシスコに無事に到着した後、名誉市民として現地で歓迎されたことから日本メディアも偉業を成し遂げた人物へと報道内容をひっくり返したそうです。

当時はご家族に秘密で出国していたそうで捜索願も流れていたと情報もありました。

前科とまではないと思いますが、かなり大騒ぎになったのは間違いないのかもしれませんね。

堀江謙一さんの収入源はスポンサーと印税

海洋冒険家の堀江謙一さんですが、生活やヨット製作費用なども掛かることから「収入源はどこから?」というコメントも寄せられていました。

調べてみるとスポンサーからの資金や印税などが収入源になっているそうです。

堀江謙一さんが乗っているヨットには「SUNTORY」が明記されています。

また「太平洋ひとりぼっち」という本も出版されていたりと、冒険に必要な資金はそれらから集めていることが分かりました。

堀江謙一さんは100歳まで冒険を続けたいと仰っているので、これからの活動にも目が離せないですね。

芸能
スポンサーリンク
まいにちトピック