悠仁さまの偏差値は50もない?成績オール5の裏や評判について

悠仁さまの偏差値は50もない?成績オール5の裏や評判について テレビ
スポンサーリンク

秋篠宮夫妻の長男の悠仁さまが、筑波大付属高校の高校受験を終えて世間からは注目が集まっています。

週刊誌などからも悠仁さまで周囲の方に溶け込み歩いているシーンや、一般受験をしている部分などが明らかになっており「裏口入学ではないのかな?」など多くの憶測がネットで飛び交っています。

筑波大付属高校は東大への進学実績もかなり高く、全国で見てもかなりトップクラスの進学校でとして有名です。

悠仁さまの偏差値や中学校のころの成績についても注目されているので、今回はそれらのことについて調べていきたいと思います。

悠仁さまの偏差値は50もない?

悠仁さまの偏差値について調べてみたところ、中学校で通われていたお茶の水中学の偏差値は53程度であることが分かりました。

大手メディアからの報道では、今回受験された筑波大付属高校への入学もまったく問題ないと報じられていました。

学力についても「非常に高い」といい「筑付高へ入学しても後れを取ることはないと言われている」

筑波大付属高校の偏差値はおよそ67と推定されているので、この報道内容が正しければ悠仁さまの偏差値も70ちかいということになります。

悠仁さまは成績がオール3だった

一部報道によれば、悠仁さまの通われていた中学校の偏差値は53程度。当時の悠仁さまの成績はオール3と一部メディアが報じており、そこまで優秀では無かったそうです。

お茶の中でもとりわけできるわけでもない、ってお茶の人が言ってました

中学校や高校の偏差値で通っている人の数値を決めつけることは難しいですが、悠仁さまの場合は53と67という偏差値の乖離がかなり大きい為、どちらの偏差値が正しいのか気になりますね。

悠仁さまの成績がいきなりオール5になった裏には何がある?

悠仁さまの成績は同中学校に通われている保護者に話によれば、さほど目立つほどに優秀ではなくどちらかと言えば普通の印象であったと言われています。

しかし、高校受験を迎える直前の成績では悠仁さまの成績がいきなりオール5へと変わったそうです。

最近、著しく成績を上げ、トップクラスの女子に負けず劣らずの成績。早慶の附属校を目指せるレベル。内申点も高い

成績があがった理由として考えられるのは、今回の高校受験に必要な「提携校制度」が背景にあったからだと推測することができます。

悠仁さまはこの制度を利用したのか、一般入試で合格を勝ち取ったのか明らかになっていませんが、いずれにせよ学校の成績が大きく影響することは間違いありません。

皇室から筑波大付属高校へ多額の寄付があった?

一部メディアによると、今回の悠仁さまの筑波大付属高校への受験に伴い皇室側から高校へ多額の寄付(改修工事費)があったのではないかと噂になっていました。

特別制度や多額の寄付。
1月にはすでに合格証書を手にしているはず、とまで言われた。
求められているのは、このような疑念、疑惑に対するオトナからの説明なのに、一切釈明等はなく、これみよがしに子どもに受験票を持たせて歩かせ、その姿を報道させる。
本当にいかがなものかと思う。 出典:Yahoo!

この寄付の噂が本当であれば、かなり大きな問題ともなりかねません。

しかしながらこういった寄付金に関する事実は明らかになっていないので、100%正しい報道とは現時点では言い切ることができません。

引き続き、この寄付金関連については調査を進めていきたいと思います。

悠仁さまの評判は賛否両論となっている

悠仁さまの今回の筑波大付属高校への入学に対して、世間からは賛否両論の意見が多く出ています。

既に合格が決まっているのに一般入試をしているのはパフォーマンスなのではないか?など先に記述した提携校制度を利用していると推測している方が多くいらっしゃるように見受けられました。

これら悠仁さまへの学力に対する意見とは背反して、悠仁さまに同情する声もありました。

筑波大付属高校の合格発表はまだにはなっていますが、合格をしたとしても今と同じように憶測が飛び交い、悠仁さまが渦中にいることが予想できます。

今後の皇室や秋篠宮家の動きを要チェックして進路へのアプローチを確認していきたいと思います。

テレビ
スポンサーリンク
まいにちトピック