あびる優の娘は都内公立小学校!親権が変わった理由や洗脳手法を調査

あびる優の娘は都内公立小学校!親権が変わった理由や洗脳手法を調査 芸能
スポンサーリンク

あびる優さんと才賀紀左衛門さんの親権問題でこじれが起きて世間から注目が集まっています。

そんなあびる優さんと才賀紀左衛門さんのお子さんですが、過去インターナショナルスクール時代に色々と問題が起きていたこともありました。

今回はあびる優さんと才賀紀左衛門さんのお子さんが通っている学校や親権問題、お子さんを洗脳したという噂について調べていきたいと思います。

あびる優さんの娘は都内公立小学校に通っている

あびる優さんと才賀紀左衛門さんには7歳になる娘さんの、よつ葉さんがいらっしゃいます。

現在年齢から小学校へ通っていると思われますが、都内にある公立小学校に通っていると噂になっていました。

インターナショナルスクールも良いと思うけど日本人の学びとは全く真逆になると思うからそこも心配、、、、お受験はお受験で心配だし公立は公立で、、、、悩むなぁ〜

才賀紀左衛門さんのブログでは、よつ葉さんの進学について悩んでいる文面が綴られていました。

しかし2022年6月のブログの中で「学校」という言い方でよつ葉さんの生活について発言されていました。

家を引越してきてからは学校や先生の運はいいと思う

スクールという言い回しではなく、学校となっているので都内にある公立もしくは私立の小学校に通っている可能性があると思われます。

あびる優さんの娘は4ヵ国語を話す天才

あびる優さんの娘は4ヵ国語を話す天才

あびる優さんと才賀紀左衛門さん娘のよつ葉さんですが、4ヵ国語を話せる天才だという情報が流れていました。

よつ葉さんは日本語と英語やスペイン語、フランス語までも話せるそうなんです。

どの程度会話ができるのかは分かっていませんが、挨拶簡単な自己紹介などを話せるのかもしれません。

わずか5歳のときに4ヵ国語に触れていたとのことなので、7歳になった現在はかなりレベルが上がっていることが予想できますね。

あびる優さん娘の親権は父親にあった

あびる優さんと才賀紀左衛門さんの離婚当時、親権は父親の才賀紀左衛門さんにありました。

その理由として、

・ 酒癖が悪く、育児放棄していた
・ 離婚届けの親権者に父親名を記入した

などの理由が挙がっていました。

どういった過程で親権が父親になったか詳細は明らかになっていませんが、かなり泥沼化していたことでも有名でした。

あびる優さん娘の親権が変わったのはなぜ?

あびる優さんの娘、よつ葉さんの親権が父親の才賀紀左衛門さんからあびる優さんへと変わっていたことが明らかになりました。

・ 申立人(あびる優さん)が従前の主たる監護者であって、未成年者の愛着関係は、申立人に対して最も強い
・ 別居後しばらくの間の相手方(才賀紀左衛門さん)による監護には問題があった

という裁判所の決定で、2021年に親権があびる優さんへと変わっていました。

この判決に対し、才賀紀左衛門さんは即日抗告したそうですが棄却され親権引き渡しが成立したそうなんです。

裁判所の内容から、才賀紀左衛門さんの監護に問題があったという発言もあり何かしらの落ち度があった可能性も考えられます。

あびる優さん娘は洗脳されている?その手法はなに?

あびる優さん娘は洗脳されている?その手法はなに?

あびる優さん娘のよつ葉さんの親権が変わったそうですが、才賀紀左衛門さんはよつ葉さんの引き渡しを頑なに拒否しているそうなんです。

よつ葉さんがあびる優さんの元へ行くことを嫌がっている

離婚直前はあびる優さんを慕う一面があったそうですが、現在は「あんたなんて、産んだだけのただのおばさんなんだから」と別人になったかのような発言もあったそう。

これに対し、才賀紀左衛門さんがよつ葉さんに洗脳しているのでは?という疑惑が浮上したそうです。

その洗脳手法は、映画や動画で母親イメージが落ちるような内容をよつ葉さんに見せていたことだと噂になっています。

才賀紀左衛門さんは事実無根だと説明しており、真相は現時点で明らかになっていません。

今後大きな動きがあることが予想されますので、あびる優さんと才賀紀左衛門さん、娘のよつ葉さんの動向をチェックしていきたいと思います。

芸能
スポンサーリンク
まいにちトピック